前へ
次へ

安心感があるシェアハウスという暮らし

シェアハウスに暮らす人にとっての魅力は、誰かが側に居てくれている「安心感」でしょうが、それが決して「安全」ではありませんし、「信頼や信用度」に繋げてはなりません。
血縁関係ではない赤の他人同士の暮らしであることは、揺るがない事実です。
だから規約や規定があります。
ただし、安心感は賃貸マンションなどより遥かにあるでしょう。
今でも、隣人と接触しない入居者が少なくありません。
引っ越したとしても挨拶もなし、上下階と接点を持たない入居者もいるでしょう。
シェアハウスは部屋が数部屋ありますが、玄関は1つでキッチンも1つです。
ライフスタイルは異なるでしょうが、顔を合わせないワケもなく、隣から音楽や鼻歌が聞こえれば1人でコワい思いはしないでしょう。
もちろん、防音対策がされているのが新築シェアハウスですが、築古物件では適度な距離感での暮らし方で評判もいいようです。
その分割安感があります。
事前審査でも、夜勤の有無を調査して、ライフワークのバランスもはかられています。
隣が夜勤で身支度している、隣は睡眠をはかりたい、そうした時間帯でのトラブルは極力避けられています。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

シェアハウスの魅力は、誰かと繋がれる点です。
今は、自然災害の問題もあり、一人暮らしならば安否確認も難しいものです。
誰かが存在に気付いてくれます。
また、食事に行くタイミングで「一緒に行こう」、作るタイミングで「食べてみて」、というコミュニケーションがとれます。
人生観などを話すことがあったり、正解や不正解、疑問に対する答えも入居者から聞くことができます。
また、シェアハウスを出る(卒業)際には、お祝い金を包むケースもあるようです。
シェアハウスでも、意外にプライバシーが程よく保たれている話しも耳にします。
一人になりたい時は部屋に、誰かと繋がりたい時にリビングに居る、それで会話が成立する、そうした合図になります。
キッチンやバスルームが共用というだけで発生する「窮屈」さを感じない声もあります。
入居している人たちはシェアハウスにも慣れていて、意外なほど、鉢合わせすることはないようです。

Page Top