前へ
次へ

シェアハウスには格安で入居が可能と言うメリット

今、若者を中心にシェアハウスに住むことがトレンドとなっています。
このシェアハウスとは、寝る所は独立していますが、それ以外の場所は全て住人の共有スペースとなっている賃貸住宅を指すものです。
玄関から、キッチン・バス・トイレなどから、ラウンジに至るまで全てが住人同士で利用する住宅です。
また冷蔵庫や家電設備も用意されていることから、肌身一つさえあれば住むことが可能と言う便利さも人気の秘訣となっています。
シェアハウスでよく起こる現象に、食事の量を多く作り過ぎてしまい、一緒に住む人に食べてもらうなどの親密感が出ることです。
他人への配慮などちょっとした交流から仲間になることが出来る特徴も、このシェアハウスの良い所になっています。
シェアハウスの最大の特徴は、格安で入居出来ると言うことがあります。

一般的な賃貸マンション等に住む時には、敷金・礼金・仲介手数料などの費用がかかり、家賃が5万円と言う所でも前家賃を含むと20万円は軽くかかることになり、下手をすると30万円以上かかることも予想されます。
ですがシェアハウスならば、敷金や礼金が要らないと言う所もあり、入居時に必要なデポジットと言われる保証金があれば良いことになります。
このデポジットと呼ばれるものは敷金の役目にもなり、退去時には返却されることになっているのが特徴です。
また水道や電気料金も固定化されていますで、使用量を気にすることなく利用出来るのも嬉しいメリットとなっています。

Page Top